●科学・経済情報
手足口病の患者増加 流行の可能性も 対策徹底を
福岡と大分 一部地域で携帯電話の不通続く
茨城 常総市が九州豪雨の募金活動へ
取水制限の荒川水系のダム 底の一部が露出 埼玉
国宝・犬山城でしゃちほこ破損 市が現地調査
峠の林道 5000株のあじさいが見頃 埼玉 本庄
エスカレーター事故受け 障害者介助の手引き削除
いじめで寝たきり訴訟 市側と和解 埼玉 川越
パソコンの画像

パソコンのセキュリティを強化する理由のひとつは、ウイルスやスパイウェアから守るためです。 しかし、ウイルスとスパイウェアにはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、両者の違いについて説明しています。

ウイルスとは?

ウイルス ウイルスと聞くと、風邪などの菌を思い浮かべますよね。 パソコンのウイルスも同じ様に、コンピュータを感染させてしまいます。 ウイルスに侵されてしまったパソコンは、様々な不具合が生じます。

例えば勝手に画像や文字列が表示されて消せなくなったり、HDDを破壊したりします。 勝手に増殖してメールなどでばら撒いてしまう様が、ウイルスになぞらえています。

スパイウェアとは?

スパイウェアは、まるでスパイ行為をするようにパソコン内のデータなどを抜き取り、外部に流すプログラムなどを指します。 スパイウェアで抜き取られるデータにはIPアドレス、サイトの閲覧履歴、IDやパスワードなどがあります。

スパイウェアもウイルスも非常に似通っていますが、スパイウェアはパソコンの内部を破壊してしまうことを目的とするものではありません。 ウイルスは悪戯目的でパソコンに不具合を生じさせますが、スパイウェアはあくまでも情報収集が目的です。

ウイルスに感染するとパソコンに不具合が生じて分かりやすいですが、スパイウェアは気が付かないうちに侵入していることがあります。 最近パソコンの動作が重くなったと思っていたら、スパイウェアのせいだったなんてことも良くあります。

ウイルスとスパイウェア対策

ウイルスもスパイウェアも、セキュリティソフトを導入すると対策が可能です。 以前はウイルス対策ソフトとスパイウェア対策ソフトは分かれていましたが、最近では総合的に対処できるセキュリティソフトがたくさんあります。

ただし、セキュリティソフトも製品によって機能が異なるため、購入するときには自分が欲しい機能がちゃんと付いているかどうかを確認する必要があります。