●科学・経済情報
打撃二冠のDeNA筒香 年俸3倍増の推定3億円で契約更改
4者協議 バレーボール会場 有明か横浜か 結論を先送り
五輪会場見直し 4者協議 実務者作業部会の議論続く
ラグビー日本代表 欧州遠征終え帰国
女子ゴルフ国内ツアー最終戦 キム・ハヌルが単独首位
News Up 五輪競技会場 なぜ見直しに
プロ野球MVP 日本ハムの大谷と広島の新井
九州場所14日目 優勝争い単独トップの鶴竜は豪栄道と
パソコンの画像

ネットカフェ 自宅にパソコンが無い人でも、街中にあるネットカフェで自由にインターネットが楽しめます。

ネットカフェは非常に便利ですが、不特定多数の人が利用する場所なのでセキュリティに気を配らなくてはいけません。

履歴やcookieで情報が見られてしまう

ネットカフェは家の回線よりも高速なので、オンラインゲームを楽しむという人も多いのではないでしょうか? しかし、そのゲームサイトのIDやパスワードがパソコンに残っていたら、次に利用する人に知られてしまうことになります。

キーロガーによる情報漏洩に注意

キーロガーとは、キーボードの入力を監視し、履歴を盗むソフトのことです。 もしキーロガーが仕掛けられているパソコンを利用してしまうと、入力した情報が筒抜けになってしまいます。 ですから、個人情報の入力が必要なネットショッピングやオークション、ネットバンキングは、ネットカフェでしない方が安全です。

自己防衛の仕方

少しでも利用痕跡を消して退席するには、以下のことに注意する必要があります。

  • webメールやサイトからは必ずログアウトすること
  • インターネット履歴とcookieを削除、ゴミ箱の中もチェック

また、自動的にIDやパスワードが保存されないように、オートコンプリートの設定をする必要があります。 オートコンプリートはインターネットオプション画面のコンテンツタブから設定できるので、ネットカフェを利用する時には確認しましょう。

また、どんなに履歴を消したところでキーロガーが仕掛けられていたら、IDやパスワードの流失は完全には防げません。

本当はログインするようなサイトはネットカフェで閲覧しないのが一番ですが、解析されにくいようにパスワードを分かりづらいものにするという方法や、一度余分な文字を入れて後から消していく方法もあります。 少々面倒ではありますが、どうしてもネットカフェで会員制サイトの利用をしたい場合には、実行してみると良いでしょう。