●科学・経済情報
首相 G20サミット開催の独・ハンブルクに到着
モスル奪還作戦は最終局面 ISの抵抗にイラク軍苦戦
日本の排他的経済水域への落下は5回目
米中首脳 北朝鮮にさらなる圧力か 緊張緩和か議論
スペイン伝統の「牛追い祭り」始まる
対IS作戦で市民600人超が死亡
核兵器禁止の条約文 国連本部で7日に採択の見通し
日米首脳 北朝鮮への圧力強化 緊密連携で一致
モンゴル大統領選 野党候補が当選 政府への不満背景か
パソコンの画像

パソコンはネット回線に繋げて利用することがほとんどなので、セキュリティ対策は必須です。

では、そのセキュリティ対策を3ステップに分けて、簡単に説明しましょう。

ファイアウォールの設定

ブロックの壁 ファイアウォールは、防火壁という意味があります。 外部からの不正侵入やウイルスなど、危険なデータはシャットアウトし、安全なデータを通過させます。 ウィンドウズでもMacでもファイアウォール機能は標準で装備されていますので、かならず有効になるように設定しておきましょう。

セキュリティソフトの導入

水際で危険なデータをシャットアウトするのがファイアウォールですが、完璧ではありません。 セキュリティを強化するには、セキュリティソフトを導入するのが安心です。 セキュリティソフトはパソコンを危険なデータからブロックすることもできれば、侵入してきたウイルスやスパイウェアを隔離、駆除することもできます。

セキュリティソフトはパソコンを購入したときにインストールされているお試しソフトもありますので、無料期間が終われば本契約をして利用を続行するのも良いでしょう。 また、オンラインや電器店などでもセキュリティソフトは購入できるので、口コミなどをチェックして良さそうなものを使うのもいい事です。

OSやブラウザ、セキュリティソフトの更新

ファイアウォールやセキュリティソフトなどで対策をしても、ウイルスなどの脅威は日々進化しているため、すり抜けてパソコンに侵入してくることがあります。 この穴をセキュリティホールと呼びます。

進化してくる脅威に立ち向かうためには、OSやブラウザ、セキュリティソフトなどを最新の状態に保つため、更新をしなくてはいけません。 自動アップデートの設定をすれば定期的に更新されるようになるので、常に最新の状態でウイルスチェックされるようになり、より安心です。

●関連サイト
経済産業省の政策
情報処理技術者試験によるITエンジニアの育成その他の経済産業省による施策内容を公表しています。