●科学・経済情報
都営浅草線 西馬込〜泉岳寺 人身事故で運転見合わせ
東京地検の吉田新特捜部長が会見
老人ホーム入浴介助中にやけど 死亡 温度管理不十分か
台風の影響 大洗港ー苫小牧港のフェリー8便欠航
兵庫 香美町の海水浴場で男性が死亡
官製談合容疑で自宅捜索の市議自殺か 奈良 天理
お盆の帰省ラッシュ始まる 交通機関が混雑
観葉植物ハオルシアの盗難事件相次ぐ 被害額13億円
パソコンの画像

鍵 パソコンをウイルスやスパイウェアから守るにはセキュリティソフトの導入が欠かせませんが、ただインストールすればいいというものではありません。

セキュリティソフトをちゃんと活用させるには、一体何が大切なのかを見ていきましょう。

複数のセキュリティソフトを同時に使わない

異なるセキュリティソフトを同時に利用するとパソコンの動作が重くなるだけではなく、お互いの機能が喧嘩してうまくソフトが作動しません。 パソコンにはセキュリティソフトがあらかじめインストールされている場合があるので、新しくソフトを入れる場合には、古いものをアンインストールしておきましょう。

インストール可能な台数を確認する

今では1家族に数台パソコンがある場合が珍しくありませんが、セキュリティソフトは一般的にインストールが可能なパソコン台数は限られています。 もしパソコンを3台所持していて、すべてにソフトをインストールさせたいなら、3台まで使えるタイプを購入しましょう。

常に最新の状態を保ち、定期的に検査する

ウイルスやスパイウェアは進化するので、セキュリティソフトも定期的にアップデートして、最新の状態を保つ必要があります。

新しいセキュリティソフトであれば自動的にアップデートできるようになっていますが、もしされないなら設定し直すか、手動でアップデートして下さい。 さらにパソコンにウイルスやスパイウェアが潜んでいないか、定期的な検査も必要です。 定期検査も、設定によってスケジュール化が可能です。

更新時期を確認する

セキュリティソフトは1度購入したらずっと使えるわけではなく、更新時期が決まっています。 もし更新時期が過ぎてしまったらサポートを受けられませんし、ウイルスやスパイウェアからパソコンを守ることができなくなります。

セキュリティソフトの更新時期は、一般的に1年から3年まであります。 一般的に更新時期間近になったら自動的にメッセージでお知らせがあるので、期限が切れる前に更新手続きをするか、新しいソフトに切り替えるようにしましょう。